必見!のぼりにはこんな種類があります

のぼり旗の種類は多種多様です

のぼり旗は、コンビニ等の前に設けられていたり、或いはイベント時に備えられていて、集客効果を高くすることができるアイテムですが、サイズが非常に多くあるのが特徴になります。 通常のサイズより小さいバリエーションもありますし、反対に大きなサイズも見受けられます。 そのような中で、毛色の違う種類ののぼり旗もあります。 ひとつの例として、三角フラッグがあります。これに関しては、二等辺三角形になっていて、専用ポールを利用してセッティングする物で、パチンコ店などにおいて利用すれば活気づきます。 他にも、手旗のぼりがあります。これについても専用ポールを用いますが、手を用いて使用することができるのが機能的なところです。 また、のぼり旗となりますと、注水台を利用して固定化する活用法が普通ですが、 手旗のぼりでしたら、手で持てますから、スポーツのゲームで応援する時に使用するなど、多種多様な場面で活用できます。

のぼり旗の生地も重要な要素

のぼり旗の種類を考える上で生地も重要な要素になります。生地については、耐久性に優れないと 直ぐに駄目になります。したがって、素材はポリエステル100%で作成されることが多いといえます。外に掲げると風雨や直射日光に晒されるためです。 ポリエステルを利用することによってぼり旗作り込む利点は他にもあり、加工の容易さがあります。 裁断及び縫製の容易さに加えて、プリントし易いことも利点といえます。特化したカラープリンターを使用し、好きな言葉や絵などを容易に印刷することができます。 のぼり旗の生地はポリエステルであれば、効果的になびくため、印象もよく、アピール効果が高まります。 穏やかな風でも揺らいで衆目を集めます。 また、洗濯が行ない易く、色落ちしにくい特徴もあります。

© Copyright Top Banner. All Rights Reserved.