知りたい!のぼりを使った集客

高い集客効果が期待できる「のぼり」

のぼりは昔から存在している宣伝方法であり、今も日本中で採用されています。なぜ、のぼりは全国各地で使われているのか。その理由はズバリ、宣伝効果が高く、費用対効果に優れているからです。例えば飲食店の場合ですが、ご飯を食べるお店を探す時、歩きながら、またはドライブしながら探す人も少なくありません。そんな時にお店の商品をアピールできるようなのぼりが立っていれば、「このお店に入ってみようかな」と思ってもらえます。のぼりが立っていることでお店の活気もアピールできますし、道行く人への絶大な宣伝効果が期待できるのですね。
またのぼりは1度作ってしまえば、メンテナンスの必要はほとんどありません。開店と共にのぼりを立て、閉店する時に撤収するだけでOKです。

魅力的なのぼりを作るポイント

のぼりは通りすがりの人へインパクトを与えることも大切ですが、単純に目立てば良いというわけではありません。例えば蛍光色ばかり使ったお店ののぼりは、あまり美味しそうなお料理を提供しているように思えないですよね。お料理を提供しているお店であれば、料理の種類に合わせてアピールできる色合いを選択しなければなりません。このためのぼりを作る時は、色とデザインを十分に考慮する必要があります。もしイメージがわかない時はお昼時にドライブをして、どのようなのぼりが好印象か探してみるのが良いでしょう。またのぼりは1本だけでなく、複数立てることでアピール力が高くなります。実際にのぼりを立てる時は、風で吹き飛ばないようにしっかり固定することも重要です。

© Copyright Top Banner. All Rights Reserved.